Recruit

業務拡大につき
施工管理者(現場監督) 募集

有資格者優遇

未経験の方でも経験を積んで一人前の監督を目指す、やる気のある方なら大歓迎です。ぜひお気軽にご相談ください。

仕事が細分化された建築現場において品質、予算、納期が安全に計画通りに進むよう職人さんたちをマネージメント。
必要に応じて積算、設計業務もおこないます。

当社では原則的に一つの現場は一貫してひとりの監督が管理していますので若手社員でもさまざまな経験を積むことができます。
業界未経験の方は入社後はまず先輩社員に付いて、一から現場経験を積んでいきます。弊社では資格より人柄、やる気を重視しています。


現場監督という仕事の魅力 

   まず現場監督だけでなく建設業に携わるすべての人に言えることですが、自分が関わった仕事が建物という目に見える形で長く残り、それを多くの人が目にするというのは、この仕事ならではの魅力と言えます。
自分が関わった建物の前を通りかかる時、またその建物の話題がひとの会話に上る時など、さまざまな場面において誇らしく感じられることができます。

現場監督に求められる能力のうちとりわけ大切なのがコミュニケーション能力と段取り力、金銭管理能力です。

 建築現場というものは仕事が非常に細分化されており、地盤改良、基礎、仮設、足場、建方、左官、防水、屋根、内装、電気、ガス、水道、設備、外構といった工程を専業とする職人が入れ替わり立ち替わり作業をすることになります。
その一人ひとりがプロフェッショナルで、高い技術をもって分担することによって優れた建物を造っていきます。
職人たちはそれぞれ誇りをもって仕事をし、また互いの仕事をリスペクトしています。

 職能の外にある現場監督としてはあくまでも職人と対等の立場で付き合うことが大切です。
職人の心理を踏まえたうえで、現場のルールを作り、皆に気持ちよく働いてもらってこそ、高品質のものをつくりあげることができますし、工期通りにきっちり現場を仕切っていけるということになります。

 そうして仕事を終えて現場を引き渡し、お施主様に喜んでもらう時には、何にも代えがたい喜びがあります。

自分の仕事を褒めてもらえる、評価してもらえるということは、自分の仕事ぶりが正しかったという実感となり、自己評価を高めることにも繋がります。

世間から「きつい仕事」「辛い仕事」というイメージを持たれながらも、そこにやりがいを見出して続ける人が多いのには、そういった側面があるのです。